023 話せば分かる。会って話さなくては分からないこともある。

長年インターネット関連のビジネスに携わってきました。便利である反面、一般常識的なことがマヒしているような感覚もありまして。

ここ数年、全国47都道府県のお客様や業者さんと主に電話やメールで商談をさせていただいていました。本当に沢山の方々と打ち合わせたのですが、そのうち実際に面と向かってコミュニケーションさせていただいたのは1割にも至りません。

これぞ正にインターネットビジネス、現代的な利便性を追求した理想形態であるとも表現できるのですが、私としてはいささか物足りませんでした。誤解なきよう先述しますが、やはりネットの利便性は素晴らしい。通常であれば商談できないような遠距離や知り合い得ないような方々と仕事ができる。そして旧来の手法では成し得なかった大量の仕事を合理的にこなすことができるのですから。

しかし、手間は掛かりますがやはり直接面と向かって話をすることで見えてくること、新たに展開してくること多々あります。実際、ほんの少しではありますが直接お会いして商談をさせていただくこともありました。そのたびにお互いの顔・表情を見て、話しぶり・身振り手振りから秘められた感情を読み取ることができるのです。それは相手にとっても同じで、私が本当は何を言いたいか・伝えたいかを理解していただけるようなことも多々ありました。その証拠に、実際にお会いした方はその後でお付き合いが円滑になり、「岡橋さんは会いに来てくれたからねー」などと多少の無理を聞いてくださったりするようなこともありましたし(その逆もあり)、こちらとしてもお人柄が良く分かったので信頼して仕事をしやすいということも(その逆もありw)。

入り口の合理性はさらに極めるべきですが、その後のコミュニケーションで合理性を追求する余り、基本的なコミュニケーションが疎かになって関係が永続しないのもいかがなものかと思うのは、既に私が前時代の遺物だからでしょうか?でも合って話せば分かる機微もありますし、会って話すことによって初めて伝わるニュアンスもあると思うのですが。

便利な時代にこそ求められるのが、基本的なコミュニケーションスキルの研鑽であるのは当然ではないかと思う今日この頃です。

ヒントルームLABO 代表・岡橋秀樹
https://twitter.com/hintroom
https://www.facebook.com/hintroom/

022 「空き家対策」+「町おこし」プロジェクト絶賛進行中!

先日ご紹介したプロジェクト「空き家対策」+「町おこし」+「地域連携型の福祉介護サービス」+「後継者不足の産業への労働力確保」(コードネームを考案中!)、着実に進んでいます。

昨日は名古屋市内で関係スタッフの皆様とグループホームの見学に行って参りました。今回の企画に関わる障がい者自立支援企業様が実際に運営している物件です。内部の写真はあまり具体的にお見せできないので一部だけですが、地域の古民家をリノベーションして快適な暮らしができるもの。かなりイメージ合わせができました。

f:id:hintroom:20180921230336j:plain

地域の皆様や行政にもしっかり絡んでいただく案件ですので、少し時間はかかるかもしれません。しかし実現すれば相当大きな話題になることでしょう。全国の同じような悩みを抱える地域の優良モデルにもなる仕事ではないかと。いつもグータラな私もさすがに気合いが入っております!(いつも入っていないという訳ではございませんw)

「空き家対策」や「町おこし」に関わりつつも決め手がなくなかなかビジネスが進んでいない方、詳しい内容が知りたい方、このようなニューコンセプトにご興味のある方はお問い合わせ下さい。

ヒントルームLABO 代表・岡橋秀樹
https://twitter.com/hintroom
https://www.facebook.com/hintroom/

021 生き残りたいお坊さんがすべきは「まず一歩踏み出すこと」。

昨日Yahooニュースにもなった産経新聞の記事をご紹介します。

「檀家の『お寺離れ』どう対応? お坊さんたちが緊急シンポ」https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180920-00000566-san-soci

これを読んで思うのは、「川下で待っていても仕事は来ない」ということ。お坊さんが自分たちの存在を記事通り「究極のサービス業」だと考えているのであれば、なおさらでしょう。

少し前に、お坊さんが運営する「坊主BAR」へ行ったことがあります。店は若い女性から年配の男性まで、お客様が一杯。途中でお経や説法をするイベントがあったり、各テーブルにお坊さんが来てくれて悩み相談に乗ってくれたり、ホストクラブというか占いカフェというか、そのようなノリもあってなかなか楽しいのです。そこでたまたまご一緒していたスタッフでないお坊さんが「ウチのお寺なんてお客様が全然来ないのになー」なんて羨まし気にボヤいていたのですが、それは当然ではないかと。

坊主BARのお坊さんは川下からお客様の方向へ一歩踏み出しているのです。中には「お坊さんがBARなんて」と眉をひそめるムキもあるようですが、それでも0歩と1歩、この違いは大き過ぎるでしょう。

の記事中には「人間としてつながることができる。新たに結ばれたご縁を生かすも殺すもお坊さん次第ではないか」というお坊さんのコメントがあります。昔のようなお寺と一般の方のコミュニティが作れない以上、お坊さんがすべき努力は、どのような形でもまず一歩踏み出す勇気を持つこと、これに尽きるでしょう。何もしなければ何も進むはずがありません。まぁこれはお坊さんに限らず、危機感を持っているビジネスマンでも同じですが!

ヒントルームLABOのプロジェクト「お寺のヒントルーム」では、お坊さんに新時代の新たなコミュニティづくりのヒントをご提案させていただきます!


ヒントルームLABO 代表・岡橋秀樹
https://twitter.com/hintroom
https://www.facebook.com/hintroom/

020 社内コミュニケーションの風通しを良くするため合理的なコンテンツ整理を。

「御社の商品・サービスについて大分類・中分類・小分類で仕分けしましょう!」

企業の広報担当者様とのミーティングの席で、このようなお話をさせていただきました。コンサルティング、というか企画制作の現場監督のような仕事でお邪魔させていただいている企業様になります。

 

自社の商品・サービスに関する分類を最初にしっかり整理しておけば、ホームページや会社案内のコンテンツを構築するのが楽になる上、営業・売上・目標管理にも役立つので今後の使い勝手がグッと良くなります。

この企業様は急成長しており、業務の幅も急速に拡大中。勢いがあって元気いっぱいなのですが、成長スピードが高速過ぎて関わるスタッフの皆様が自社の取り扱い商品・サービスをしっかり位置付けられていません。そこでまずは社内のビジネス・コミュニケーションの風通しを良くするためにも合理的なコンテンツ整理から手掛けることになりました。

若き担当者様はかなりアタマの切れる方で、私の簡単な説明ですぐに概要を理解。初日の午前中であっという間にたたき台が完成しました。あとは細かく作り込んでいくだけです。他のスタッフの方も含めとにかくレスポンスが早くて正確!デキる若手が活躍している会社は伸びますねー。

そこまで仕事を進めて気付いたのですが、ということは私の出番はもう終わり?即契約終了を覚悟したのですが、幸い細かい作り込みのノウハウがなく、また現実的に時間も全然足りないとのこと。忙しい企業様で助かりましたw 今後は社内外向けの制作現場のディレクションに取り掛からせていただくことになります。

ゴリゴリの現場監督が必要な企画制作部門にお困りの企業様、いつでも男くさくお手伝いさせていただきますので!

ヒントルームLABO 代表・岡橋秀樹
https://twitter.com/hintroom
https://www.facebook.com/hintroom/

019 「地域の空き家対策」だけではコンセプト・絞り込みが弱い!

空き家対策については取り組んでいる自治体や企業などがかなり多いのですが、コンセプトメイクや絞り込みが弱く、うまくいっていないという企画が目立ちます。「地域の空き家対策」だけでは一般の不動産業や建設業との差別化が上手に出来ていないのではないかと。

現在、ヒントルームで新たなプロジェクトとして取り組んでいるのが「空き家対策」+「町おこし」+「地域連携型の福祉介護サービス」+「後継者不足の産業への労働力確保」という、一つ一つでもかなり大変な案件。ここに追加で「ファミリーホーム」というコンセプトも加わる動きが出てきました。さらには町おこし団体+空き家対策企業+地域住民+行政のための勉強会・説明会・ミーティング開催のための事前セミナー(セミナー開催のためのセミナー)や、地域のためのweb系新サービスも企画しています。ここまでやるかという感じですが、ここまでやらないと地域にも受け入れてもらえないでしょう。幸い、ある地域でのプランが動き始めました。これらは一見、複雑そうですが全ては横展開で繋がっているのです。

ヒントルームの得意分野である“ビジネス・マッチメイク”(ビジネス展開のシナリオ作りの提案も含む、ビジネスにおけるコラボレーションの演出)とは正にこのようなプランニング。今回の場合はほとんど“異種格闘技戦”だったりします。でも面白くなりそうでしょう?およそ実現不可能そうな、というか通常では想定できないコラボレーションの実現が醍醐味。もちろん強力な仲間、取引先様などのご尽力・ご協力のおかげで提案することができるのですが。

詳しい内容が知りたい方、このようなニューコンセプトにご興味のある方はお問い合わせ下さい。

ヒントルームLABO 代表・岡橋秀樹
https://twitter.com/hintroom
https://www.facebook.com/hintroom/

018 Googleは従来のホームページを撲滅しようとしている?

Googleは従来のホームページを撲滅するような動きをしているとしか思えないのですよ」

衝撃的な一言を発したのは、IT系の経営者様です。常に最新情報の収集に余念のない方ですので、これにはかなり驚かされました。詳細をお伺いしたところ、なるほどと思わさせる説得力がありまして。さすがにすぐホームページがなくなることはありませんが、次の時代への動きとして常に意識をしておくべきではないかと。

私はこれまで長年ホームページ制作に関わってまいりましたが、このようにドラスティックな動きは幾度かありました。まずはSEO対策の黎明期。この時は時代の流れに先駆けて、おかげ様で随分儲けさせていただきました。そしてGoogleアルゴリズムの進化に伴うSEO対策の変化。この時は時代の流れに付いていけず、おかげ様で仕事に大打撃を受けましたw

しばらくリアルなweb制作の現場からは離れていたのですが、戦線復帰にあたり勉強不足を痛感。そこで上記のような最前線でバリバリ戦っておられる経営者様にご指導を願ったのですが、自分で考えていたよりも時代は遥かに進んでいます。これはマズい。旧来の考えを棄ててアタマを切り替えないと!今週も無理にお願いして、追加で勉強会を行っていただくことになりました。というか、新企画としてコラボさせていただくことになるのですが。

さて今回は新たな時代の波に乗ることができるでしょうか?ご興味ある方はお問い合わせ…いや、まず情報交換いたしましょう!

ヒントルームLABO 代表・岡橋秀樹
https://twitter.com/hintroom
https://www.facebook.com/hintroom/

017 ダブルワーク、トリプルワークのお坊さんに会いたい!

ヒントルームLABOのお寺集客プロジェクト「お寺のヒントルーム」ではダブルワーク、トリプルワークに取り組むお坊さんとのコラボを熱望中。減少する檀家さんに悩むお寺さんは本業以外の仕事をお持ちのことが多いので、そのようなお寺さんとぜひご一緒させていただきたいのです。

時々誤解を受けるのですが、我々のご提案は「檀家さんを増やす集客」ではありません。いささか厳しい表現をすれば、檀家さんを増やすのは難しいです。いや、無理だとバッサリ言い切って構わないかも。

では集客とは?ピンポイント型の企画として寺ヨガや寺カフェ、寺マルシェなどのイベントを行っているお寺さんが増えてきました。しかし、我々がまずご提案させていただきたいのはお寺さんがさらに地域貢献し、社会問題に対応できるような「地域に開けたお寺さん」を実現するための企画。決してヨガやカフェなどを否定している訳ではありません!これらも是非取り組みたい企画なのです。ただ今は順番に考えているとご理解ください。

檀家さん減少に苦しむお寺さんだからこそ、そしてダブルワークやトリプルワークに取り組むお寺さんだからこそご理解いただける企画であると自負しています。もちろん他の仕事をしていないお寺さんでも危機感を持っておられるケースはありましょう。むろん大歓迎です!

このような企画提案の場として、10月25日にヒントルームLABO主催の交流会「第1回お寺のヒントルーム@名古屋~お寺さんと福祉介護、相続ビジネスをつなぐマッチメイク~」を開催するのですが、イベント公開後すぐに満席になってしまいました。

https://www.facebook.com/events/1094965267324657/

満席後にお寺さんなどからのお問い合わせを何件も頂戴しております。そこで個別対応も随時行うことにしました。昨日も交流会出席の叶わなかった遠方のお寺さんがわざわざ名古屋までお越し下さり、実りあるミーティングが実現。企画内容に高好評をいただきましたので、取り組みへの自信が深まりました。これも企画をご一緒してくださる企業様のお力添えのおかげです!

ご興味ある方はぜひお問い合わせ下さい。


ヒントルームLABO 代表・岡橋秀樹
https://twitter.com/hintroom
https://www.facebook.com/hintroom/